国民年金基金の資格喪失とかどうよ?

国民年金基金と言うものは、加入対象者であれば任意で加入することが出来ます。
しかし、付加年金を代行している公的な年金制度と言うこともあって、加入した後、場合によってはその資格を失うこともあると言うことです。
(汗)。
一度、加入すれば、途中で任意では脱退することが出来ないようになっています。
国民年金基金に加入したあと、次にあげるようなことで加入資格を喪失することがあります。
(以下参照)ですから、60歳になった時は加入資格を喪失すると言うことです。
また、加入した時は自営業でも、その後、会社勤務に変更になるなど、サラリーマンになったこともそうです。
国民年金の第1号被保険者ではなくなります。
ですから、自動的に国民年金基金の対象でなくなると言うことですね。
ですから、地域型基金に加入している場合、その都道府県から移転した場合も加入資格が喪失します。
同じ様に、職能型国民年金基金の場合では、その該当する事業、業務に従事をやめた場合、加入資格がなくなると言います。
(汗)また、農業者年金の被保険者となった場合も同じです。
資格を喪失することになります。
それから次に、国民年金保険料を一部免除、学生納付特例などがあります。
若年者納付猶予などを含んだ特例で免除された場合も、加入資格を喪失すると言います。
また、国民年金基金に加入していた本人が、死亡した時も資格を喪失します。
と言われたとしても、それは出来ないと言うことですね。
保険の掛け捨ては損なの?メリットデメリット【見直し迷っている方に...】